お恵みのはな

日ごと幸せに生きていく

コーヒー豆の油分について

みなさまこんにちは♪


今日から前髪を上にあげて第三の眼を開いてみたまほうのコーヒー めぐみです(๑˃̵ᴗ˂̵)


先日友人からコーヒー豆を深煎りした場合にテカテカしてくる油分について問い合わせがあったので、調べてみました。


そうしたらまあ!新たな発見✨


コーヒー豆に含まれる油分(脂質)はおよそ13%ほどだそうです。ちなみに水分は11〜13%。


油分というと分かりづらいかもしれませんが、コーヒー豆も種子です。ごま油や菜種油と同じように考えてもらうとわかりやすいかも。種子にもともと含まれているものになります。


焙煎することにより、コーヒー豆に含まれる水分が蒸発し、およそ約2%以下にまで減ります。それに対して油分の量は変わりませんので、深煎りにすればするほど油っぽくなります。


それがテカリです。


そして、この油分(脂質)には良いものと悪いものが含まれます。これはコーヒーに限らずのことですが…


日にちが経つにつれ、油分はだんだん酸化していきます。


例えば揚げ物に使った油は、日が経つ毎に酸化していき黒くなりどろっとしたものになり異臭がしてきます。


コーヒー豆にはもともと抗酸化成分が含まれているのでゆっくりと酸化していきます。


この油分には、香り成分が含まれているそうで、よって酸化することによって風味や香りは悪くなっていきます。


だから、酸化しないようになるべく早めに飲みきった方が美味しくいただけるのですね💡


こうして質問をいただくことで、わたしもたくさん学ばせてもらっています。


まだまだ奥が深〜いコーヒーの世界。堪能したいと思います(о´∀`о)


また、本日無事に終了したラテアート体験会は、ゴールデンウィークにも開催しようかな〜と検討中です。


もしこの日に開催してほしいわ!ってリクエストがある方はお知らせください!


親子でなくても大丈夫です。


定員は4名です。お子様とご一緒の場合も4組までとさせていただきます。


デコを出すと、視界が開ける 笑


そんな一日を過ごしましたとさ。


本日もお読みくださり、ありがとうございます💛


thanks