読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

infinity∞diary

夢を持ち、夢を叶えましょう

つながるご縁〜カフェ資金のために〜

なんとも


素晴らしい


ご縁をいただき


まことにありがとうございます♡


パートの面接が決まりました✨


しかもカフェの✨オープニング✨


もうとまりまっしぇーーーーーん 😄


もうどこからどうつながってこうなったのか…


本当に今まで出逢ったすべての方に、感謝です!


ありがとうございます。


つながりがつながりを呼び、つなげたらばつながった


これは、縁とも云いますが、円ともいう。


その名も"えん"というカフェからの縁、円、えん。


辛かったことも、悲しかったことも、寂しかったことも、ぜーーーんぶ乗り越えてきてよかった。


楽しかったことも、嬉しかったことも、幸せを感じたことも、ぜーーーーーーんぶ感じてきてよかった。


これから先もまだまだ魂は経験したいことがあるのだろう


だからわたしは、これからも変化していき、生きていきます。


面接はまだこれからなので、もしかするとお会いしてみて、合わないかもしれないし、違うなと思うかもしれないよ。


でもね、今までと違うのは、お金のためにガツガツ働くのは好きじゃないこと、と


子育てをしながら、子どもとの時間も自分の時間も大切にしたいということ、と


産前産後ケアに携わりたいという想いがあるということ、を


自分が自分で知っているということ。


昨日見学に行った保育園で案内してくれた先生がおっしゃっていました。


'なんでも言われるままに行動するのは、誰でもできること。でも、それではこの子たち一人一人違って個性があるのに、それを出せないまま成長していくことになる。だから選択できる人間に、どれが自分にとってよくて、悪いのか、好きなのか、嫌いなのか、それを知ってこそ、自分らしい作品ができあがる。'


'たとえ大好きな先生がいても、たとえお母さんやお父さんが大好きでも、その人たちは一生自分の元にいるわけではない。最期までいつも一緒なのは、自分だけ。だから、この子たちがこれから先困らないように、この時期に大切なことを伝えているのです。'


流石だな、と思いました。


わたしより、きっと20歳くらい上の方でした。


たくさんの子供たちを見てきたからこそ、いまこうして子どもたちが過ごしやすいように、これから先のことも考えて、困らないように、生きていくのに大切なことを伝え続けていらっしゃる姿勢に、とても感動して涙がでました。


わたし一人ではできないからこそ、いま、こうして素晴らしい先輩たちがいるから、そこに助けてもらうことをしてもいいんだ、と思いました。


保育園に預けないといけないから、働かないといけない


〜しなければならない、という思い込みは、昨日わたしの中から外れていきました。


あの方のおかげで、こうしてまた気づくことができました。


そうして気づいたら、またご縁をいただいて、いままでとは違う働き方ができる自分に出逢いました。


わたしが変われば、世界は変わる


この地球がよりよいものとなりますように。


祈りをこめて…


本日もお読みくださりありがとうございます❤️


merci