お恵みのはな

日ごと幸せに生きていく

12月12日

おはようございます♡


今朝はいろんなことを想い、考えをまとめるためにここに書きます。


"すべては絶妙なタイミングで起こっている"


先々月、わたしが落ち込んでいるとき


3人の方がわたしに同じことを言いました。


それは…



'もっと自信を持って'



これは、わたしが子供の頃からできなかったこと。


でも、


今ならできる


いまだからできる。


もっと自信を持つこと。


周りの意見に振りまわされず


自分を信じること。


神様はわたしを試したんだ。


自信を持ってる人たちから引き離すことによって


わたしが


自分の脚で


ひとりで


立てるかどうかを。


どれだけ自分を信じられるかを。


子どもの頃、わたしはなんでも親の言いなりだった。


それが"楽"に生きる方法だとおもっていた。


けれども、学校を卒業するとき


進路を選ぶとき


わたしの意見はそこにはなく、


自分がなにを好きなのか?


自分がなにをしたいのか?


まったくおもいつかなくて、途方にくれた。


結局、周りにいる人に尋ねて、その通りに動いてみる。でも、それは自分ではないから、すぐに嫌になり


転々とすることになる。


育った福岡を出て、千葉へ、また福岡に戻り、次はニュージーランドへ、そしてカナダへ。


その度に住む場所を変え、仕事を換え


そうして気づいたのは、日本の良さや日本語の良さ。日本人の良さ。


わたしが産まれ育った國は、日本。


改めて日本人として生きる決意をして、帰ってきて、結婚して、子どもを産んで、育て、ひとりの母親として、女性として、いまここにいる。


妊娠中は、わたしの中に溜めこまれた怒りがどんどん出てきて、愛しているはずの夫にひどい事を言ったり、自分で自分を責めたり、自信を持てない自分はどんどん自信を持てなくなっていき、また路頭に迷う。


そこから、自分の人生をオーガナイズしていくことがようやくはじまる。それが2013年産後のこと。


そうして2015年に娘を産むまで続く、自己投資。


いろんなセミナーやワークショップに脚を運び、いろんな人に出逢い、いろんなのことを知ることになる。


だけど、わたしを一番に変えるきっかけになったのは、あっこさん(板垣昭子さん)のカタカムナのひとつめからよっつめ。


どんどん鎧がはがされていく度に


初めは戸惑い、そして涙し、怒り、悔しみ、苦しみ、辛さを覚えた。すべての不と言われる感情をしっかりと味わった。


なぜなら、それまでの人生、わたしが外に出してこなかったものだから。心の奥底に押し込めて蓋をしていたから。その蓋を開けるきっかけになった。


それと同時に、心から悦び、嬉しさ、愉しさを表現することの素晴らしさを知った。


そうして今、どんな自分も自分だということに気づき、わたしが目にするもの、出逢う人、もの、こと、すべてが自分。


自分しかない。


**********************************


今日は、12月12日。内なる太陽のあたたかさを感じる日だそうです。


太陽の力が弱まる冬だからこそ感じられる魂のあたたかさを知れるのだそう。


嬉しいからとか悲しいからとかいう感情をおいて、魂のあたたかさをしっかり感じて、これから自分がなにをしていくのかを定める日でもあるような気がします。


揺るがない自分は


もうすぐそこ。


本日もお読みくださりありがとうございます。


merci








広告を非表示にする

わたしの天命は…

みなさまこんばんは。


もうすぐ新月ですね。


先ほど、お風呂につかっていたら、とあることに気づきました✨


わたしの役目。


いまは家計をやりくりするために、パートもしていて、とにかく今あるわたしを、目の前にくるものに活かす


ことをしていますが、つい先日のこと、カタカムナの勉強会のアドバイザーに指名されて


ふと考えました。


カタカムナ、前はわたしがお話しするなんて恐れ多い感じで、先月先生を呼んで主催したんですけども


そこでのご縁が繋がって


今回マワリテメグってきたときには


わたしの中でなにかの覚悟ができていて


すんなりと受け止められました。


でもね、'おしえる' とか 'おはなしする' とか


正直自信がなくて


先生みたくいろいろ知ってるわけじゃないし


本も読んだけど、まだまだ中途半端で


なんてね


いろいろ頭で考えとったんですよ。


けれども、さっきヒラメイテ気づいたことは、


わたしは、


カタカムナや宙遊フラ(来年からは宙遊舞に変わるそうですよ✨)をおそわって


実際に身体を通して、経験して


ミにつけて


あ!焙煎もそんな気がする…


それらを後世へ伝え広めていく役割なんだ!!


って気づいたと。


だから、人に教えるってなると、なんだか身体が構えてしまってできなくなっちゃうんだけどね


うまく伝えなきゃとか


先生っぽくみたいにしなきゃとか


頭でっかちね 苦笑


そうでなくて、ただ美味しいカフェインレスコーヒーを広めているように


カタカムナや宙遊フラを広めることがわたしの仕事なのだな〜ってね(๑>◡<๑)


最後に、一言メッセージ


すべてにおいてパーフェクトなタイミングでことは進みます


Everything works out in perfect timing

by Trevor Green


わたしがニュージーランドにいたときに、大切な友人からいただいた言葉です。

必要な方へ届きますように💫


merci







広告を非表示にする

最近みるおもしろい夢

先週、わたしの背中を白龍が駆け登ったあとから


不思議な夢というか…おもしろい夢をみている今日このごろ(°▽°)


先日は、わたしが好きなロンドン在住のMomoyoさん(http://www.cocoroprincess.com/ja/my-message/)が夢に出てきて


わたしはワークショップを受けていました。


そして、その時は来た!


スプーンを折っちゃうんだけど、その折る時の身体の感覚がなんとも言えない(゚∀゚)

(あ!実際のワークショップでは、スプーン曲げはしないと思います(^◇^;)


すごいエネルギーをね


感じたのよ。


すごいの!


本当に!


って…

つたわらないわね〜。。


ま、いいわ。


それから昨日はね、好きな人ができる夢✨


あはは


旦那も子ども2人いるんだけどね、


なんかね


芸能人かな?あの人…


素敵な人でね


好きになっちゃった感覚


とってもドキドキしてて


久しぶり??!笑


初恋の感覚みたいな(≧∇≦)


嬉しいよね


起きた時、なんだか人ごとみたいで


嬉しかったな〜♡


そんな不思議でおもしろい夢をみたとよ。


なんかさ、ここに書いとこーって思ったと。


読んでくれてありがとねーー♡


merci




11月11日

もうすぐ満月ですね🌝


身体が重くて、眠い日々が続いています。


さて、わたしが今後表現していきたいこと…


それを考えるときがきました。


まほうのコーヒーを立ち上げてから、8ヶ月が経ち、これまでに様々なことに挑戦してきて思ったこと…


これからわたしがどうしていきたいのか?


⚪︎より良いカフェインレスコーヒー豆を焙煎し、美味しさを広めていく


⚪︎家計を立て直していくために、しばらくは二つのパートの掛け持ちを頑張る(2017年春まで)


⚪︎ときになにもない余暇には、自分が心地よい場所で、心地よいヒトたちと、心地よいトキに舞い踊る


⚪︎自分たちが食べるものは自分たちで創っていく


⚪︎心地よい服を見に纏う


そうすることは、今この瞬間を生きていることに繋がる気がします。


すべてはわたしの中に


すでにあるものを


表現していく。


それは、心を豊かにし、自然と周りへも広がっていくだろうと信じています。


本日も読んでくださりありがとうございます♡


mahalo nui loa


広告を非表示にする

新しい何か

おはようございます♡


まほうのコーヒー めぐみです。


昨日焙煎をしていて、とあることに気づきました(*゚▽゚*)


カフェインレスコーヒーを紅茶みたいにしちゃう??!


なんのこっちゃですよね( ̄◇ ̄;)


いやね、テイスティングしとったんですよ。


分量を変えて、どれだけ風味が変わるのか?


わたしの師匠が実際していてね。


コーヒー豆は、それぞれ違う。だから淹れ方も変えてあげる。


そしたらね、紅茶みたいだったの(*⁰▿⁰*)


わたしは、もともと紅茶好きで♡


一時はお茶屋さんでバイトするほど、ハマってて、一番好きなのはね、一番摘みのダージリン(๑>◡<๑)


若い青葉の香りとスッキリとした味♡


だから、コーヒーなんだけど、紅茶みたいに味わうっていうのかしら。。


カフェインレスコーヒーって、カフェインが少ない分、やはりどこか物足りない感じを感じる方もいらっしゃるのよ。


でも、カフェインが入っている普通のコーヒーとは、別の楽しみ方があってもいいのかな〜〜って思ったと♫


そこで、焙煎の仕方や淹れ方によって風味や味が変わることを利用して、紅茶好きな方へオススメできるようなカフェインレスコーヒーを創っちゃう?!


なんてそんなことができるかしら✨✨


と閃いたのでござるϵ( 'Θ' )϶


ひとつはね、エチオピア モカ シダモ


これは、できそうね。


いま、仕入先のものが品質が落ちて、焙煎しづらいから、一時中止してるんだけど


それでも粒を揃えて、できる限りのことをやってみようかな…と考えてます。


大好きな豆だから。愛情こめればナントカなるはず٩(^‿^)۶


それから、昨日テイスティングしたグァテマラも。


昨日は、第二回目のワークショップの日で、淹れ方をお二人の方へ伝授させてもらったの。


そしたら、やはり淹れる人によって、全然違うのね!!!


お一方は、まるでミルクティーのようなまろやかな感じでまとまっていて


もうお一方は、バランスのいいまとまりで


個性があってとっても美味しかった(๑>◡<๑)


グァテマラも大好きな豆なんだけど、いろんな楽しみ方があるんだ〜〜と気づきました。


あ!もし、わたしも教えてーーー!という方がいましたら、2名様から開催できますので、どうぞお問い合わせください♡


詳細は要相談で(o^^o)


では、本日はまた、踊ってきまーす!


レパートリーを増やして、いろんなところで踊るよ〜〜♪♪♪


mahalo





広告を非表示にする

今まで見て見ぬ振りしてきたこと

今日は、コーヒーのことを書こうと思っていたのですが、


それよりもなによりも、今大切な浄化が始まったので、ここに吐きだす意味でも書いていこうと思います。


仕事も山ほど残ってるんだけど、これを書かないとやりきれない!


ので、お時間のある方はお付き合いください  笑


先日行なったまほうのコーヒーのワークショップであまりの緊張感から、喉が詰まったような感覚で話しづらくていました。


そのとき以来、誰かと話をするときに同じようになることがあって、


そして昨日その原因を探るきっかけをもらいました。


そうしてわかったのは、





実の父親のこと。





結婚式を挙げるときに、もう終わりにしようと決めて、忘れてきたこと。でも無理やり忘れようとしていただけで、実際はなにも解決していなくて、今回こうして身体の変化として現れた。


今までにも何度かあったんだけど、それを見て見ぬ振りしてきたんだよね。気のせいだって…そのとき起こる目の前の問題ばかりに着目して、その奥を全く見ていなかった。


いま目の前にいるわたしの娘は、1歳4ヶ月。子どもはわたしが思うよりずいぶんといろんなことを理解しているし、感情もはっきりとしている。


そう考えると、わたしもそうだったんだと気づく。


記憶には残っていないので、なんとも言えない部分もあるけれど、


娘はパパのことを大好きで、パパも娘のことが大好きで


それはわたしも同じだったんだって思い出したら、涙があふれた。


寂しかった。


産まれた横浜から福岡へ行ったとき、わたしはすぐにお父さんのところへ、横浜へ戻るのだと思っていたことも、うっすら思い出した。それなのに、気づいたら、母は仕事をしていて、車も買って、わたしは幼稚園へ通い、小学生になっていた。


母親からは、浮気した父親はだらしがなくて、まったくひどい男だと聴かされ、お父さん=悪い人、男=ダメな人、そんな印象を固くつけられた。


本当の本当は、お父さんのことを大好きだったのに。


お父さんは、きっと育児に真剣になっているお母さんに自分のことを見て欲しかったんだと思う。それはお母さんもそうで、でもそれをお互い口には出していなかったんじゃないかな…だからお父さんは他の女の人のところへ行った。


自分のことを見て欲しい、愛して欲しい…


わたし自身、恋愛、人付き合い、すべてにその気持ちがあったような気がする。


わたしの人生のテーマでもある


愛されたい。


でもこれは、本当はその裏返しで、愛したい


んじゃないかと思う。


むしろ、愛してる。


それから高校生のとき、母は再婚した。そのときは、まるで母親をとられたかのような錯覚で、結婚式の夜お布団の中で大泣きしたのを覚えている。


お父さんがいなくなって、お母さんまでもいなくなるのか…みたいな失望感。実際は、いなくなってはないけどね、それまでわたしのことだけを見てくれていたはずなのに、なんで??!って思ったのよね。


今の今まで、寂しさを押し殺して、お父さんのことを好きな気持ちも押し殺して、無理やり生きてきた。もうこんなのおしまいにしたい!!


感情を押し殺して生きることなんか、もうおしまいだ!!!


苦しかった…


怒りも悲しみも寂しさも辛さも


ぜーーーーーーんぶ


押し殺して


喉が詰まるのもあたりまえだよっ!!!


あーー苦しかった!


あーーーーもうこんなの嫌だ!


そして、子どもたちに今まで怒鳴ってきたこと


改めてあとで謝ろう。子どもたちにとっては、ナンノコッチャやろうけど 苦笑


無意味だし。


わたしの中の怒りを無意味に彼らにぶつけることは、小さなわたしを傷つけるだけだし。


それよりも小さなわたしのことをもっとみて、気づいてあげられたら、きっと今ここにいるわたしはもっと強くなる。


やさしくなれる。


他人にも自分にも。


読んでくださった皆様、ありがとうございます♡


merci

コーヒー豆を焙煎するということ

それはわたしにとって


難しいとおもっていた


わたしではない他の優れた人たちがするものだとおもっていた


でも、それは単なる思い込みにすぎなくて


やり始めると、どんどんわかる新しい自分の姿


コーヒー豆の姿。


コーヒー豆の焙煎は、まず一つ一つの豆を見ることから始まる。


およそ200gの豆を手網に入れて


ひとつひとつ、慎重にみていく。


形の悪いものは省かれて


いい状態の豆だけを残す。


そうでないと、焼けムラが酷くなる


とわたしはおもう。


そうしたら次は、火の調整


少しでも強いと焼けすぎる


それは、弱すぎても逆に時間がかかって


余計な水分まで飛んでしまう。


微妙な温度調節をしながら、約15分。


その間に、豆たちは、香りを変え色を変え、


味を変える。


生命の薫りがする。


赤道直下の標高数千何百メートルのところで


育った緑の薫りがする。


焼き上がりはまた、自分の目と直感で


タイミングを計る。


これがまた難しい。


少しでも遅いと、冷ましている間も焼けが進んで焦げる。


火を消したら、今度は風。


冷たい風が、熱く火照った豆たちを冷ましていく。


色が段々落ち着いてきて


綺麗な色になっていく。


手で触れるほどになったら


今度は手でかき混ぜながら冷ます。


手で触れた時の感触は、硬いと思っている豆は


温かく柔らかく感じる。


冷め切ったら、焼けムラや形の悪いものを外していく。


量は13%ほど減り


美味しいコーヒー豆のできあがり✨


手にすくって香るコーヒー豆は


甘い香りや自然の香りがする。


風の次は水。


次回は淹れ方編へつづく……


merci